就職活動で名刺をもらったらFacebook申請して連絡を取ってみよう

就職活動をしていると、人事の方から名刺をいただくことがあります。そんなときは思い切って、Facebookで友達申請をしてみましょう。僕の経験では、ほぼ間違いなく申請を承認してくれます。人事の皆さんも、申請してくれても構わないと思っているようです。

 

SNSを有効活用していこう!

人事の方で、Facebook申請を受け入れる人は、「今の時代、せっかくSNSがあるのだから、もっと積極的に利用しちゃえばいいじゃん」と考えているのです。オープンなコミュニケーションを基本としているSNSは、学生にとっても、採用する側にとっても、味方なのです。
 

 

積極性が評価され、採用に有利になる

会社に入りたいです!をいかに行動に示せるでしょうか。履歴書以外のポートフォリオを提出したり、知り合いのコネを使って社員面談をさせてもらったり、僕が実際に聞いた中でもいろんな手段があると思います。

 

そして、Facebook申請は、会社に入りたい想いを表現する1つの手段です。名刺にある名前から検索して、どんどん申請してみましょう。便利なツールは利用すべきです。

 

会社をより深く知るチャンス

実は、Facebookフレンドになることで、会社をより深く知ることができます。アポイントをとり、就活イベントとは別に話しをする機会を設けられるかもしれません。また、社員さんを紹介してもらって、社員面談ができるかもしれません。

 

全く会社とコネがなかった状態から、一気にコネクションが広がります。特に、人事部の人であれば、より広いネットワークを持っているはずです。だったら、利用しないのはもったいないです。積極的につながっていきましょう。

 

働いたらどのような日々を送れるかがわかる

会社の人が、日頃から投稿しているならば、さらにチャンスです。その会社で働いたら、どのような日常を過ごせるのか、イメージできるからです。もちろん、社内での動きはわからないかもしれませんが、通勤前の様子や、帰宅後の様子から、想像できる部分があるかと思います。

 

休日の過ごし方も1つのポイントです。ワーク・ライフバランスを価値観にする人が増えている中で、働いていない時の過ごし方がどうなのか、イメージできるのは大切です。

 

働かなければわからないことはたくさんあります。なので、入社前から「はたらくをイメージ」できるのは大切なのです。積極的な行動から手にできる、貴重なつながりなのです。

 

会社の枠を越え、つながりがもてる

いろんな会社を訪問し、いろんな社会人の人と話したり、つながれたりするのは学生の特権です。僕は、どんどん活用すべきだと考えています。

 

働きはじめたら、なかなか社外の人とつながれない

学生の時は、社会からのしがらみがありません。ビジネス上のライバル関係もないので、どんな会社にも行けますし、実際のつながりを築くことも出来ます。

 

「いろんな会社に行って、いろんな人とつながりを持つといいよ!」
僕が就職活動中に、説明会に来ていた社員さんからもらったアドバイスです。いろんな会社の、いろんな人に会えるチャンスは、就職活動中をしている時だけなのです。

 

困ったときに、社内に問題解決法を知っている人がいるとは限りません。その時、会社の外にいる人に助けを求められるネットワークをもっていれば、心強いのです。未来のためにも、つながりを築いておくといいでしょう。

 

【注意】Facebookを申請するときは、必ずメッセージを添えましょう

友だち申請の時に、メッセージを必ず送りましょう。たった1つ、気を付けるべきマナーです。名刺交換をして、その際に「Facebook申請してもいいですか?」と確認をとっていたとしてもです。
 

普段Facebookをやっていて、あまり意識をしない行動だと思います。が、メッセージがあるかないかで印象がかなり違います。できれば、普段からメッセージを添える習慣を身につけておくとよいでしょう。やらないで後悔する人はいても、やって後悔する人はいないはずです。
 

積極的な姿勢を見せれば好印象につながり、会社に勤めたらどのような日常を送るのかを知ることができます。そして何より、いろんな会社の人とネットワークを築けるのです。就活をする人は、是非チャレンジしてみてください!