フラストレーションを溜めるくらいなら、今の環境から抜けだせばいいじゃん

逃げたいけれど、逃げられない環境にいると言う人がいます。そして、フラストレーションを溜めながら、やりたくもない仕事をしている人がいます。無意味だと思いませんか。

 

決まって、「自分には責任がある」だとか、「自分がやめたら周りが困る」と言い始めます。僕からすれば、嫌々にやられる方が困るし、そんな人に責任を負ってほしくもありません。

 

だったら、さっさと辞めてしまって、別の仕事をすればいい。お互いのメリットを考えれば、逃げてもらったほうがよっぽどハッピーなのです。

 

今やっていることに、「無意味な責任」を感じていないか

自分がやらなければならないと思い込み、ありもしない責任を背負って、全身全霊を捧げる。昔のスポ根アニメならよかったかもしれませんが、現実には、残念に聞こえてきます。

 

楽しくやれているならば構いませんし、満足しているなら非難するつもりはありません。

 

ですが、フラストレーションやストレスと戦いながら、無意味な責任と戦うのは無駄です。すべてをあなたが背負う必要はありません。

 

たとえば、新人教育。上司から、「最低限、自分の考えを伝えられるように、新人を教育してくれよな」と頼まれたとします。

 

あなたは頑張ります。コミュニケーションに必要な話し方のコツや、社会人マナーとしての言葉遣い。上司に提案する際の、効果的な話し方など、上司からの要求以上に教育します。

 

しかし、部下は一向に学んでくれません。そもそも、学ぶ気がありませんでした。そして上司からは、「ぜんぜんなっていないじゃないか!」と叱られます。

 

あなたの責任は100%ではないよ

はっきりいって、あなたの責任ではありません。正確に言えば、責任の割合としては大きいけれど、100%あなたの責任とはいえないよってところです。

 

教育は、学ぶ側の姿勢にも大きく影響されます。学ぶモチベーションがほとんどなければ、何を伝えても学んでくれません。まずはモチベーションをというところですが、簡単ではないことは皆さんご存知かと思います。

 

次に、あなたを教育係に指名した上司にも責任があります。成果を上げられる人材を適切に登用するのが上司の仕事なのですから、これも当然です。

 

もちろん、アクションを起こしたあなたにも責任はあります。が、以上のように他の人にも責任はあるわけです。だったら、無意味な責任なんか背負わずに、ストレスから開放されるべきです。

 

もちろん、自分の責任としてとらえ、モチベーションとして頑張る考え方もありだとは思います。しかしながら、過度なストレスに悩まされるくらいなら、自責で考えるのも、ほどほどにすべきです。

 

いい我慢とわるい我慢がある

困難を乗り越えた先に、明るい未来が待っている。もしくは、希望が見えるならば、苦しみながらでも壁に立ち向かっていくべきです。

 

いい我慢とは、納得できる因果関係が期待できるときの我慢をいいます。

 

一方、わるい我慢は逆です。困難の先には闇。希望もよくみえない。苦しむ価値がわからない。

 

わるい我慢は、取り組みにも、得られる成果にも価値が見えない我慢をいいます。

 

今の我慢の先に、ある程度の希望が見えているならば、頑張り続けていいでしょう。しかし、全くよくわからないのならば、まずは根本を見直すべきです。我慢の先にあるものや、我慢をせずに解決する方法を考えてみましょう。

 

目標がないのならば、目標を立てます。モチベーションがないのならば、みんなをモチベートする工夫をします。根本となる課題を解決せずに、今の我慢を続けるのは、ホントに無意味なのです。

 

そして、全部考えてみても無理だ!ダメだ!となったなら、逃げてしまいましょう。居心地のわるい環境に居続ける必要はありません。

 

変えるも、逃げるもしないのが悪

日本が、ストレス社会となってしまったのはなぜでしょうか。

 

変えられない。逃げられない。よくわからない、2つの言葉が蔓延しているのは、なぜでしょうか。

 

シンプルに言えば、変えようともせず、逃げようともせず、ただ、ストレスを溜めながら働いているからです。無意味な責任を背負い、辞められない理由を並べているからです。

 

明るい未来が見えないのに、希望もないのに、ただひたすら汗を流し続けるのは、カッコ悪いです。

 

ただ我慢をするだけではなく、変えられないと諦めるのではいけません。闇を希望の光に変え、根本となる課題を解決します。そして、明るい未来に向けて、困難に立ち向かっていくのがカッコイイんです。

 

そして、腐っているよりも、さっさと辞めてしまって、別の環境で明るい未来の実現を目指したほうがステキです。

 

自分自身、停滞気味だったので、喝を入れてみました。