他人ばかり気にする人は承認欲求を満たせない。自分中心主義になろう。

年明け早々、一部のネットユーザーの間で承認欲求がテーマになっておりました。承認欲求(笑)とネットでは言われますが、本能的に求めるものであり、満たされるべきものである。したがって、承認欲求を否定するのは愚かです。

 

なぜ承認欲求と自己愛が問題になるのか? - デマこいてんじゃねえ!なぜ承認欲求と自己愛が問題になるのか? – デマこいてんじゃねえ!なぜ承認欲求と自己愛が問題になるのか? - デマこいてんじゃねえ!

 

しかし、承認を得たいがために他人ばかりを気にする人は決して、承認欲求を満たすことができません。ちゃんと、自分の感情と向き合って、ポジティブもネガティブも全部含めて、受け入れる必要があるのです。

 

 

誰かに認められたい。評価してもらいたい。という人ほど満たされない。

「承認欲求」は本能だと僕は述べました。だけども、間違った方向に進めば「他人ばかりを気にする自分」になってしまいます。そして、全く満たされない自分になるでしょう。ではまず、あえて極端な例で考えてみましょう。

 

社内で評価されているAさんがいます。その人は、誰もがイヤだなと思う仕事をやってくれます。仕事もスピーディーかつ正確、Aさんへの信頼は社内でも指折りです。周囲はAさんのおかげで、楽しく順調に仕事に勤しんでいるのでした。

 

しかし、Aさんの本心も「この仕事イヤだなぁ」と感じていました。最初は、ですが。そしてみんなに賞賛されるにつれて、「イヤだなぁ」という気持ちは薄れていきます。

 

いいえ、薄れていくという表現は間違いですね。みんなが褒めるから、イヤだという気持ちを見ないようにするのです。イヤだと思う自分がイヤだと思うようになるのです。最初に思っていた仕事に対するイヤな気持ちに、気付けなくなってしまいます。

 

すると、Aさんの生活に変化が起こるのでした。嬉しいはずの感謝の言葉が、何も感じなくなってきます。美味しいはずのディナーが、味わえなくなってきます。そしてとうとう、「すべてが面倒くさい」と投げ出してしまいました。

 

マイナスの感情に目を背けると、プラスの感情に気付けなくなってしまう。

周りから評価されているはずのAさんは、なぜ苦しんでしまうのでしょうか。それは、他人の目ばかりを気にしてしまい、自分の感情を無視してしまったからです。

 

自分の感情に鈍感になるということは、それでマイナス感情をかわすことができる代わりに、プラスの感情にも鈍感になるということです。  あなたが「もう、何もする気が起こらない」という気持ちになったり、何もかも放り出したくなったりするのは、「うれしい、楽しい、幸せだ、満足だ」といったプラスの感情に乏しいからでしょう。

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

 

プラスもマイナスも、ポジティブもネガティブも、表裏一体で成立しています。だから、どちらか片方だけを手にすることなんてできません。両方をバランスよくもっておかなければ、どちらも失ってしまうのです。

 

それでは、Aさんはどうするべきだったのでしょうか。答えはシンプルです。

 

・あなたにとって重要なのは、いま起こっていることに対する、生の〝いま〟の気持ちや感情なのです。

・まずは、自分がいまやっていることを〝感じてみる〟ところからはじめましょう。それが自分を大事にするための第一歩です。

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

 

そうです。イヤだなという気持ちを無視せず、ちゃんと認めるべきだったのです。認めた上で、仕事を続けるか続けないかを決断する。Aさんを救う1歩目は、生の感情なのです。

 

辛いときは辛いと思う。苦しいときは苦しいと知る。マイナスの感情と向き合わなければ、周りがどんなに言葉を投げかけても聞こえません。自分自身を認められなくなってしまいます。すると、他者からの承認なんて関係なくなるのです。

 

まずは、やりたくない気持ちを大切にする。そして、やるかどうかを考えればいい。

「承認されたい」という思いばかりでは、承認欲求を満たせないことがわかりました。マイナスの感情を認める大切さを知りました。

 

だけれども、「やりたくないけれど、やらなきゃならないことがあるじゃん。」っていう人が必ずいます。その通りです。現実では、やりたいことだけをやれるはずもありません。しかし、あなたの視点は僕が伝えたい論点とは異なります。

 

「やりたくないという感情に、ちゃんと気付いてあげてね。マイナスな気持ちを忘れずに、やるかどうか考えてね。」

 

マイナスな感情を無視してやるのは危険だということです。周りに褒められたいとか、評価されたいとか、他人中心で考えて苦しむのはおかしいんですよ。もっともっと、自分を見てあげてはいかがしょうか。

 

過去の自分を否定するのが怖い人へ向けて。

「自分は我慢して、耐え忍んで、努力することで成功してきた。」なんて人もいるでしょう。素晴らしいと思います。僕も実際、高校時代に諦めない心を学びました

 

だから、過去を否定したくないという気持ちを大切にしてください。やるか、やらないかは自由です。過去の栄光にすがり、自慢話に花を咲かせても大丈夫です。人に押し付けさえしなければ、何を考えるのも自由ですから、

 

でも、変えたい気持ちがあるけどなんか怖い…という人もいるはず。次の引用は、そんな人に読んでもらいたいのです。

 

・あなたは「不安である」ことを認めることは、すなわち「自分が弱い人間である」ことを認めることになる、と恐れていないでしょうか。では、「不安を抑えて」隠していると、強い人間になれますか。

・いままであなたは、自分が苦しくなっているときでさえ、最後まで一人でやり遂げなければならないと思っていました。でもそれは、ほんとうは「相談するのが怖い」ということが真相であったかもしれないのです。

・だからこそ、いまは何よりも、過去のそんな自分を「よくやってきたね」とねぎらってあげることが第一なのです。過去の自分を受け入れる、そんな強さが芽生えれば、そのあとで、だんだん「自己表現できる自分になりたい」という欲求が生まれてくるのです。

仕事も人間関係も「すべて面倒くさい」と思ったとき読む本

 

いかがでしょうか。なんか、胸の内が晴れるような気がしませんか。体が、軽くなりませんでしたか。

 

僕たちは他者からの承認を得る前に、自分への承認を失い過ぎました。自分のことが分かっているつもりになっていたけれど、全然気付いていませんでした。だから、もっと、「自分中心主義」になりましょう。

 

正直になった自分だからこそ、認められる価値が生まれる。

さて、本題は承認欲求でしたが、少し振り返ってみましょう。承認を求めるがゆえに、他人中心に考えてはいけません。自分のネガティブな過去もマイナスな感情も、素直に受け入れることで、プラスの感情とも向き合えるようになるのです。

 

ありのままの、感じるままの自分を認められたならば、それを受け入れてくれる他人に感謝できます。

 

「僕って、ビビリなんだよね〜。こんな僕だけど、遊んでくれるんだぁ。嬉しい!ありがとう!」というように、他人に対しても素直になれます。すると、他者からの承認を素直に受け入れられるので、承認欲求が満たされるのです。

 

自分の感情が理解できるので、相手の感情に対する感度も良くなります。だから、自分を認めてくれた相手に対して、素直に感謝の気持ちを感じられる。そして、他者から認められたいという欲求も認め、承認が得られたことに対して満足できるのです。

 

他人中心に考える人は、やっぱり承認欲求が満たされません。自分の気持に気付けず、他人の行為に感謝できない。さらには、自分の欲求にすら気が付けませんから。

 

自分中心主義を貫くことが、承認欲求を満たすための条件になるのです。僕も、自分の感情に対して素直に向き合っていきたいと思います。

 

結びに変えて、オススメの本!

それでも自分中心主義になるのが怖い人は、今回たくさん引用させていただいた以下の本を手にとってみてください。Kindleだと30%オフやってます。(2014/2/1時点)