【未来へ向けたメッセージ】優しさを勘違いして、失敗を恐れていた自分へ。

あなたは、失敗を恐れてなかなかチャレンジできません。なぜなら、失敗したときに迷惑を掛けたくないからです。自分の判断や行動によって、事態が悪い方向に進んでしまうのでは、と考えてしまうからです。自分の発言によって、相手を傷つけてしまうのではと思ってしまうからです。

 

あなたは他人の評価を気にしているのではありません。あなた自身のプライドが傷つくからでもありません。周囲を思いやり、お互いの和を、表面上で取り繕うとしているからです。

 

間違った優しさ。

あなたが人に対して優しく接することができるのは、非常に素晴らしい能力です。しかし、思いやりの心をもち、周囲に対して気遣いができる人の多くが陥る罠があります。

 

『相手を気遣うあまり、思ったことが言えない。』のです。

 

相手が間違っていたり、相手の考えていることと正反対の事を思ったときに、あなたは『これを言ってしまったらマズイのではないか…』と勝手に未来を想像して、行動に移せません。

 

たしかに、あなたが他者と深く付き合わないのであれば、『見かけ上の間違った優しさ』で接し続ければいいでしょう。お互いに本音を隠しあって、ストレスをためながらもコミュニケーションをとればいいでしょう。

 

もしあなたが、他者と親密な関係になりたいのであれば、『本当の優しさ』で接しなければなりません。必要であれば、本音を伝え合って、ときにはぶつかり合うことも必要です。

 

『本当の優しさ』を実現する。

あなたは、どんな人間関係を理想としていますか。あなたは、どういう優しさが『本当の優しさ』だと思いますか。

 

あなたが避けてしまっている争いは、『あなたが望む人間関係』を実現するために必要な試練なのかもしれません。

 

あなたが恐れてしまっている失敗は、『向かうべき方向性』を切り開くために必要な経験なのかもしれません。

 

争うのが嫌なのは、あなただけではありません。失敗が怖いのも、あなただけではありません。『間違った優しさ』で接しているのも、あなただけではありません。

 

あなたは『本当の優しさ』に気がつくことができました。失敗を繰り返し、心を何度もへし折りながらも、『本当の優しさ』の価値に気がつくことができました。

 

これまでの辛かった経験は、決して忘れてはいけません。

 

力の限り、精一杯頑張ってください。

誰も君のことなんか見てない。 – CNTR誰も君のことなんか見てない。 – CNTR誰も君のことなんか見てない。 – CNTR