ワンピースのゾロが教える【人生のゴール】設定のパワーを生かす3つの条件

あなたは、夢や目標(ゴール)をもっていますか? そして、ゴールに向かって行動をしていますか?

もし、行動できていないのであれば、ゴールの設定の仕方を間違えている可能性があります。ゴールを設定したのであれば、どんな状況であれ、行動せずにはいられないからです。

現状を変えたいと思う人、ゴール設定の基準を決められていない人に向けて、お伝えしていきます。


ワンピースのゾロに学ぶゴールの条件

まず、ゴール設定の条件は次の通りです。

  • ゴールは、want to(したい)で考える。have to(なければならない)は絶対ダメ。
  • ゴールは、現状では困難であれば困難なほどよい。【コンフォートゾーン(現状)】から抜け出すパワーの源になる。
  • ゴールは、誰かになってはいけない。自分以外の誰かに縛られるゴールはNGです。

立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)

とはいえ、なかなかイメージが難しいと思います。自分も、具体例がなければわかりませんでした。

なにかいい事例はないかな~と思っていたところ、いました、いました!

漫画ONE PIECEのキャラクター『ゾロ』が、ゴール設定を見事に行い、ゴールに力を発揮させていたのです。


【世界一強い大剣豪】という【鮮明な未来の自分】をイメージできている

ゾロのゴールは【世界一強い大剣豪】になることです。

①心の底からなりたい(want to)自分であり

②達成が恐ろしく困難な道のりで

③誰か(ミホーク)になろうとせず、むしろ、超えようとしている

ことから、ゴール設定の条件を満たしていることがわかります。では、具体的にゴールの力はどのように発揮されているのでしょうか。


【世界一強い大剣豪】らしい覚悟を決めている

どんな困難な道がおとずれようとも、ゴールの実現が優先されるため、覚悟を決められます。

「剣士として最強を目指すと決めた時から
 命なんてとうに捨ててる
 このおれをバカと呼んでいいのは
 それを決めたおれだけだ」

【世界一強い大剣豪】としてぶれない信念を貫ける

クルー(船員)との仲違いが起きたときも、誰よりもしっかりし、精神的な支柱として発言できます。

「――それが船長(キャプテン)だろ…!!!
 迷うな
 お前がフラフラしてやがったら
 おれ達は誰を信じりゃいいんだよ!!!

 船を空け渡そう おれ達はもう…
 この船には戻れねェから」

【世界一強い大剣豪】として超えるべき逆境を喜ぶ

ゴールに到達したときの自分をイメージできているので、必要な能力を理解しています。なので、どんな窮地も超えられると確信できています。

「こういう窮地をおれァ待ってた!!!
 そろそろもう一段階強くなりてェと燻ってたとこさ
 おれがお前に勝った時…
 おれは鉄でも斬れる男になってるわけだ」

【世界一強い大剣豪】になりたいから、素直に認め、求めることができる

ゴールを達成するためには、手段を選びません。達成に向けて、最も近道を自然と選べるようになってきます。

(ゾロ)
「頼む…
 おれに 剣を教えてくれ!!!
 ヒヒなら倒した……!!! 後はお前の首だけだ
 ――だが 今 お前に勝てると付け上がる程…
 おれはバカじゃねェ…!!」

(世界最強の剣士・ミホーク)
「わからんな…おれをまだ敵と見定めていて…
 なぜおれに頭を下げ教えを乞う…!!
 何の為にだ!!」

(ゾロ)
「お前を越える為…!!!」

【人生のゴール】が自分を変え、未来を引き寄せる。

ゾロの言動、行動を見る限り、【人生のゴール】がゾロ自身の考え方、新年すら影響していることがわかります。

現状を変えたい、人生をよくしたい人は、まずは【人生のゴール】を設定してみてください。

ONE PIECE 84 (ジャンプコミックス)

尾田 栄一郎 集英社 2017-02-03
売り上げランキング : 54

by ヨメレバ